2011.01.01

乗り鉄再開

旅行記の再開です。いままでどこも行かなかったというと、そうでもなくて福井へ越前鉄道乗りにいったり、島根へ一畑電鉄乗りに行ったり、去年の正月は大宮の鉄道博物館へ行ってその後江ノ電に乗りに行ったりと、一応活動はしてました。ただ自分のWEBページに載せることをサボってました・・・。
と、いうことで旅行記BLOG再開です。
・・・・・・・
朝7:15分家を出て梅田へ、8:00発播州赤穂行新快速に乗るためである。
7:43頃JR大阪駅に到着、ちょうど着いていた7:45発新快速姫路行きに乗る。この電車に乗っても結局、姫路で大阪8:00発の新快速を待つことになるのだが、殆ど衝動的に乗ってしまった・・・。

この時間帯、岡山方面に行く列車は全て、相生始発で8:00大阪発の電車がこの相生発岡山行に連絡する。

9:29分相生着、岡山行に乗る。例年この電車は非常に混むのだが、さすが元旦・・・座れた。
岡山11:00着。乗るはずだった糸崎行各停を横目に改札を出る。

実は、最初の目的地門司港に行くため、広島まで18きっぷで行って、そこから新幹線でと計画していたのだが、寄る年波には勝てず(要は鈍行で2時間揺られるのに耐えられない)岡山から新幹線でという、乗り鉄にはあるまじき行為に及んでしまった。
12:06分岡山発ののぞみ155号で小倉へ。東京始発ののぞみ155号は、米原付近の雪の影響で10分ほど遅れて岡山に着いた。小倉14:42分着。

ここから在来線で門司港へ引き返す。15:00門司港着・・・本降り、強風である。駅構内でビニール傘を買って、九州鉄道記念館へ・・・1時間ほど滞在して雨が小降りになった時点で門司港レトロへ。
本来の計画では門司港16:40着だったのだが、岡山から新幹線となったため、門司港に昼間に着くからゆっくり門司港レトロを散策して・・・という目論みは見事に崩れてしまった。
しゃくなので雨の中この界隈のさわりだけを巡ってホテルに向かった。

岡山駅
快晴の岡山駅

門司港駅
雨と強風の門司港駅

門司景観
雨の門司港霞む関門大橋

門司港レトロ
雨の門司港レトロ


ネットで予約したホテルは門司港駅から歩いて20分ほどかかった。 僕は元来、ホテルの予約なんかせずに駅に着いたら駅前のホテルに飛び込むのだが、事前に予約すると得てしてこういうことになる・・・。以前出雲へ行ったときもネットで予約したホテルが駅からタクシーで15分かかったことを思い出した。

17:00にチェックイン、旅行一日目を終える。実はこのホテル(ルートイン門司港)、最上階に関門海峡を一望できる大浴場があるそうな・・・。階下のレストランで美味しいもの食べて、大浴場でゆったりしよう・・・。
明日は門司港レトロ散策後長崎へ向かうつもり・・・。
2日目。昨日とうって変わって快晴・無風。8:15にホテルを出て港の岸壁を散策しながら門司港レトロへ向かう。

この頃、外出するさいいつもiPOD・touchを連れていくのだが、この日もバッハのバロック音楽を聞きながら歩く。音楽と風景が見事にマッチング。なんだか優雅な気分。そのまま門司港レトロをゆったりと散策。
10時前に駅へ。この駅舎、いつ見てもいい。石造りの洋館のような佇まいだが、実は木造。国の重要文化財である。
 

門司港駅
1月2日快晴の門司港駅

門司港駅
門司港駅構内

門司港駅
門司港駅の緑の窓口

九州鉄道記念館
朝の鉄道記念館

 

門司港レトロ
朝の関門海峡大橋

門司港レトロ
朝の門司港

門司港レトロ
朝の門司港レトロ

旧三井倶楽部
旧門司三井倶楽部

旧門司税関
旧門司税関

国際友好記念図書館
国際友好記念図書館


計画では10:18の鈍行に乗って博多へ行くつもりだったが、10:00発の鈍行に間に合い、そのまま乗車。11:50博多着・・・実は18分遅れて発車する電車(つまり、僕が乗ろうとしていた電車)の方が僕の乗った電車より早く博多に着くことを忘れていた!失敗。

予定していた12:01発のかもめ21号に乗り損なってしまった。次の長崎行きは12:21。これに乗ることにした。ハウステンボス・佐世保行きと長崎行きの2層建て電車、13両の長大編成で、肥前山口で切り離される。

天気は快晴。いい旅になりそう。「かもめ」は有明海の干潟沿いを快走。対岸には雲仙普賢岳の姿が青空にくっきり見える。まさに絶景・・・。

14:26長崎着。朝飯は食べたけど昼飯はまだだったが、そのまま長崎電軌の路面電車に乗って石橋まで行く。
ここからグラバー園へ。グラバー園は南山手の急峻な丘の上にある。石橋からはスカイロードという斜めに登るエレベーターが設置されているが、僕はその脇の階段を登ってみた・・・想像以上にきつかった・・・歳を考えるべきだった。

グラバー園は有名なグラバー邸を中心にオルト邸、ウォーカー邸、旧三菱ドックハウスなど10の建物と庭園があり、なかなか見ごたえがある。園からは長崎の街並みと港が一望できる。対岸に海上自衛隊のイージス艦が停泊していた。

ハイパーサルーン
ハイパーサルーンかもめ
これで長崎へ行きます。帰りもこれでした。白いかもめに乗りたかった・・・。

スカイロード
グラバー園に向かうスカイロード
エレベータがあるのですが階段を登りました。正直きつかった。
スカイロード
斜めのエレベータ。
これに乗れば楽だった。

グラバー邸
いい雰囲気のグラバー邸

イージス艦
グラバー園から対岸を望む
海上自衛隊のイージス護衛艦が見える

大浦天主堂
大浦天主堂


グラバー園を出て、大浦天主堂を経て、長崎龍馬の道を歩く。グラバー園のある南山手から諏訪神社のある新大工町まで約3kmの一本道。ここをさるく・・・。「さるく」とは長崎弁で街をぶらぶら歩くという意味だそうな・・・。
めがね橋
市内中島川のめがね橋

ここを歩いて3km先の亀山社中跡を目指す。途中、長崎まちなか龍馬館というのがあったので入ってみる。300円の入館料のわりには展示物はたいしたことなかったけど、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で楢崎龍役の真木よう子の写真展があって、しばしそれに見とれてしまった。実は僕、真木よう子のお龍・・・お龍の真木よう子か・・・にハマってまして・・・。

閑話休題。

5時半くらいに亀山社中跡近くにたどりつく。亀山社中跡も山の中腹にあり、ずっとお墓に囲まれた狭い急峻な道を歩いていかなくてはならない。
さすが、坂の街長崎である。跡にある社中記念館は閉まっていたが、亀山社中跡の石碑をパチリ。

亀山社中跡
亀山社中跡
お墓に囲まれた坂道を再び通って街中へ・・・路面電車で長崎駅前へ戻りホテルにチェックイン。一日を終えた。

明日はどうしようか・・・。
今日帰るか、どこかへ泊まるか逡巡したけど、とりあえず博多まで特急で行って、そこから18きっぷで広島を目指そう・・・と、決めた。

ちょうどUターンラッシュの真っ只中。新幹線の指定は終日満席である。自由席で我慢すれば2時間半で大阪に帰れるのだが、新幹線の自由席で博多からラッシュ並に揉まれて帰るなんてゾっとする。新幹線は速くて便利なのだが・・・飛行機と一緒で鉄には全くつまらない乗物ではっきり言って僕は嫌い。

と、いうことで鉄の意地で博多から広島まで鈍行で行って、そこから先どうするか考えることにする。
長崎9:55発のかもめ14号で博多着11:53。博多で昼飯食って(回転寿司)13:23小倉行に乗る予定。経路と時刻は以下の通り。
14;29小倉着。
14:37小倉~14:52下関
15:08下関~16:15新山口
16:19新山口~19:13広島。

定刻広島に着いた・・・。まあ、予想はしてたけど広島に泊まることにする。休みは後1日ある。
駅前のホテルに投宿。なんと素泊まり3,500円!しかもきれい。無線LANの設備もあり、備付のテレビは32インチ。ベッドはセミダブル。

今回の旅行、飲み食いはもう一つだったけど、ホテルは3日間とも正解だった。
明日は呉経由で帰ることにする。呉の大和ミュージアムへ行ってみるつもり。
・・・だったが翌日ちょっと不安になって大和ミュージアムの休館日をネットで調べて見た・・・
危惧したとおり休館日だった・・・・またも振られた。 (2006年1月の旅行記)

ということで、まっすぐ帰路につくことにした。ただし鉄の心得・・・18切符を使って在来線を鈍行で帰る。広島8:12発糸崎行に乗り、糸崎、岡山、相生と乗り継ぎ14:28大阪着・・・旅を終えた。