2004.08.13

四国行脚 1

04.08.13

恒例の夏の18きっぷ旅行、今回は四国へ行った。
四国は僕にとって、あまりなじみのないところで、18きっぷ初旅行で高松へ行っただけ。
今回は高知へ行き、そこから日本最後の清流といわれている四万十川へ行く。
朝6:52大阪発の新快速で、姫路へ・・・。姫路で2分という超タイトな接続時間で三原行きに乗り換える。 姫路~岡山間は山陽本線の隘路で、新幹線に乗せるためのJR西日本の陰謀とちゃうか?・・・とも思える程だネ。

何しろ12両編成の電車から吐き出された乗客は4両編成の三原行きに殺到する。車内は超満員である。
結局1時間半、立ちっぱなしで岡山まで過ごす。
岡山9:35発快速マリンライナー18号で児島まで乗り、児島で琴平行き各駅停車に乗り換える。
「こんぴら」号と愛称の」ついた全身黄色の115系に乗って琴平着。ここで約50分のインターバル。

駅前の喫茶店でコーヒーを飲んだ後、金刀比羅宮までの参道を歩く。空は快晴、暑い。
結局参道の入り口まで行って引き返す。

115系「こんぴら号
センスはもう一つ・・・四国らしい・・・
といったら怒られるか?四国出身者に・・・。


風情のある琴平駅舎


こんぴらさん参道入口



琴平11:51発阿波池田行きに乗る。最近ちょっと寝不足なので、未乗線区なのに迂闊にも眠ってしまった。
列車がいきなり逆方向に動いたので眼が覚めた。坪尻のスイッチバックだった。
今乗っている線は土讃線。琴平までは電化されているが、その先は非電化の単線。山峡にはこのようなスイッチバックが いくつか残っている。路線自体も木立のトンネルのようなところを走る。近代化に取り残されたような路線だ。 もっとも特急は、スイッチバックに入らずスルーで通り抜ける。
12:38阿波池田着。ここで約1時間の時間待ち。阿波池田は吉野川沿いに開けた山間の町である。


坪尻のスイッチバック駅。左が本線。
本線からバックして手前の引込み線に侵入する。


右側が本線。駅は行き止まり
まるで廃線跡のよう。


新改スイッチバック駅


新改スイッチバック駅
左が本線。手前が引込み線


阿波池田駅舎。これも風情がある。
JR四国には、このような趣のある駅舎が多いようだ。



13:34高知行きに乗る。琴平から乗る車両はディーゼルの単行ばかり。四国はJRの中でも経営が苦しいと聞く。
なるほど、JR西日本や九州のような活気がないように感じる。

15:38後免(ごめん)で途中下車。土佐くろしお鉄道、ごめん・なはり線の起点駅である。ごめん・なはり線は途中に 安芸という駅がある。ご存知、タイガースのキャンプ地である。それにあやかって、16:00発の安芸行き列車は タイガ ースカラーをまとっていた。

土佐くろしお鉄道に乗るつもりだったが時間が合わず。次の列車で高知へ入る。
今日はここで泊る。高知県の中心であるにもかかわらず、高知駅は4番線までしかないこじんまりした駅だった。


土佐くろしお鉄道
ごめん・なはり線を走るタイガース列車


高知駅
県庁所在地の駅としては、随分小さい。



例によって駅前のビジネスホテルに荷をおろして街に出る。17:00ころついたのでまだ明るい。街中をうろついた後 はりまや橋近くのとある居酒屋に入ってくつろぐ。
この時間は僕にとって至福の時間・・・酒と肴、旅行先での醍醐味である・・・ああ、幸せ・・・・。

明日は、日本最後の清流四万十川を拝みに行く予定である。

04.08.14

四万十川を拝むには、高知から窪川に行き、土佐くろしお鉄道で中村へ行くか、予土線を宇和島まで走るか2つに1つ。
どっちにするか迷ったが、結局予土線を北上することにした。
中村は18きっぷ愛好者にはすこぶるディープなところで、一旦いってしまったら、帰ってくるのに苦労する・・・。
そのくらい列車本数が少ない。しかもその先の宿毛が鉄道のどんづまりだから窪川まで戻るしかない。
そういう訳で、予土線北上と相成った・・・・。

予土線には清流しまんと号というトロッコ列車が走っている。一日1往復しかないのだがこれに乗ろうと思う。
四国には、いろんなトロッコ列車が走っているが、その元祖が清流しまんと号である。
窪川出発が14:37発であるから、高知でちょっとゆっくりできそう。調べたら11:42高知発窪川行きに乗れば 間に合うことがわかった。

朝、9:30頃ホテルを出て、土佐電という路面電車に乗り桟橋通5丁目まで行ってみる。 竜馬ゆかりの桂浜まで行ってみようと思ったのだが、まだ、遠そうだったのでやめた・・・・。暑かったし・・・。

高知に来て街をうろついたり路面電車に乗ったりして感じたこと・・・・。
ハっとするような美人が多いこと!・・・・スケベおやじやね・・・僕は・・・・。
でも、ホントに美人が多かったよ。美人予備軍(お子様です)や元美人も含めて。 高知は美人の名産地なのかな・・・?


土佐電気鉄道のレトロな路面電車。
桟橋通5丁目にて


電車の車内

11:42窪川行きに乗る。単行のディーゼル。高知に至る、土讃線も予土線も非電化である。
窪川14:05着。すぐに窓口でトロッコの指定券を購入。30分あまりのインターバルを利用して駅前で昼食。
トロッコの利用区間は、土佐大正から江川崎まで約48分間である。ここに清流四万十川のエッセンスが凝縮されている。
14:37窪川発。ディーゼル単行であるが、後ろにトラという無蓋貨車を改造した車両を連結している。 これが件のトロッコである。
貨車にテントを張り、木のテーブルとベンチがしつらえられている。定員は40名。全席指定である。
牽引するディーゼルカーはロングシートの素っ気ない車両。後ろのトロッコがなんともアンバランスで良い。
とりあえず土佐大正まで、この素っ気ない通勤車両のようなロングシートに座る。
向かいの席に、一人旅らしい若い女性が座っている。チョット太めだがすこぶる美人である。(ほんまスケベおやじやね僕は)

15:07土佐大正着。ここでディーゼル車内からトロッコに移動する。8D席。 なんと先ほど目の前に座っていた美人は、僕のとなりの8C席だった・・・。なんとなく、いい気分で車窓をみやる。

なるほど、四万十川の清流が眼下に広がる。本当に水がきれいだ。 ダムがまったくないこの川は自然にまかせて蛇のように蛇行している。

窪川駅


貨車改造の元祖トロッコ列車
前に連結されている気動車が牽引する。


四万十川の清流を眼下に臨む。
川風が心地いい。


写真ではわかりにくいですが
ほんとに水がきれいです。



予土線は、この川の蛇行に逆らわず段丘の上を走り、障碍があれば鉄橋で対岸に渡るということを繰り返すので、 絶景を求めて右往左往する。
四万十川には、沈下橋という橋がいくつも掛かっている。この橋は川の増水時には水の中に沈んでしまう。 このため橋には欄干がない。四万十川の自然に逆らわずに流れに従うというこの橋、川が増水しても流されることはない。 地域の人々の叡智の賜物である。

沈下橋 欄干がないのがわかるでしょ?


沈下橋を車がそろり・そろりと渡っています。



そんな絶景を見ながらの48分間、正解だったネ。

江川崎のひとつ前に半家という無人駅がある。四国の鉄道の珍名のトップにランクされる駅名である。
なんと読むかわかりますか?・・・答えは「はげ」。半という字を捩ると、平になる。 上の点2つを横棒2つの間に入れ、縦棒を短くすると平という字になる・・・いささかこじつけであるが、 これで平家となる。ここは平家の落人部落ということらしく、源氏の追手を逃れるためにカムフラージュした という話である。

江川崎から先はまたディーゼルのロングシートで時間を過ごす。17:01宇和島着。
ここから松山まで行き、そこで一泊するつもりである。
ちょっと疲れたので、特急宇和海で行こうと思ったのだが、駅に泊っていた鈍行を見て気が変わった。 松山行きのこの鈍行、キハ185系という、もと特急用車両であった。これなら時間はかかってもユッタリ行ける。 と、いうことでこの車両で松山へ。

この鈍行の行先表示板に松山・伊予長浜経由とある。これには事情がある。この先に伊予大洲という駅がある。 ここから内子線という支線が分岐している。従来は和ローソクで有名な内子までの鄙びたローカル線だったが、 昭和61年、廃止されていた、伊予大洲~新谷間が復活、さらに内子から向井原まで新線が敷設された。 これが海岸線に忠実に走る予讃線のバイパスになり、特急の大半はこちらを経由して走るようになった。どっちが予讃線本家かわからない関係になったが、新線に名称はなく、新谷~内子間は内子線というローカル線名のままというややこしい状態になっている。
薀蓄はこのくらいにして、伊予長浜経由というのは、従来の予讃線を走るということである。 ますますどっちが本家予讃線かわからなくなる。

20:08 松山着。駅前のビジネスホテルに投宿し、町に繰り出す。

松山駅