1. トップ
  2. Blog メニュー

2003.05.17

花三昧 近況

好天に恵まれたゴールデンウィーク最終日、ちょっと足をのばして奈良の長谷寺へ行って来た
といっても、大阪難波から近鉄大阪線急行で約50分位のところだけど・・・。
ここは、万葉の時代に建立された山寺で、長谷寺駅から約20分ほど歩いた幽邃な山の中にある。近畿在住の人は周知だろうと思うけど、信仰心の薄い僕にとっては、「花の寺」という認識が強い。4月下旬から5月上旬は、ボタンが満開で境内一杯に大きな花が咲き乱れている。
ということで行ってみた・・・。
残念ながら、ちょっと盛りは過ぎていたみたいだったが、快晴の中、山の澄んだ空気を吸っただけでも値打ちがあったね。それにしても暑い日でした。
長谷寺本堂から仁王門を望む
森に囲まれてひっそりと聳える五重塔

珍しい緑のボタン



2003.05.17 続いて、我が家のランの話題。

2003.05.17
続いて、我が家のランの話題。
前回、紹介したパフィオ、ヘンリエッタ・フジワラは1つ目の花が約1ケ月で終わり、続いて2つ目、3つ目が満開、あと1つのつぼみがふくらんできた。
そして神戸ラン展で買った、ブラキ系のパフィオ2鉢が咲いた。
1つは、原種・ニビウム。花姿は小型だが、真っ白の花が可憐である。もう1つ蕾がついている。
ブラキ系は栽培が難しく、ニビウムは好きなのだがいままで手が出なかったので感慨もひとしおだ。
もう一つは交配種、ラベルには’Bella Lucia × Virgo’となっていて、種名未登録らしい。名無しのゴンベである。Bella LuciaもVirgoも結構メジャーな交配種である。購入したナーセリーが交配して作出したもののようだ。
花はベラチュラムを若干細身にしたような姿で、ベラチュラムよりステム(花茎)が長い。
これも気にいっている。

それから、今年の冬、高島屋ラン展で買ったブラッサボラ・ディグビアナのシース(花芽)が上がって来た。夏には花が見られそうだ。楽しみだね・・・。
Paph Bella Lucia 'Hiro'×Virgo 'Andoromeda'
 Paph. niveum 'Snow Dove' × niveum 'Kae #3'



2003.05.23 吊り掛け電車への憧憬

去年の大晦日に小野田線のクモハ42と対面していらい、ELへの思いと同じくらい古い電車に興味がでてきた。
僕の子供のころは、無論このような吊り掛け駆動の茶色い電車ばかりだったから、その時代への郷愁の思いもあるのかも知れない・・・・歳をとった証拠かな・・・。

吊り掛け駆動の旧型国電には、現代の洗練され合理化された電車・・・反面無機的で人を乗せるというより人を積むという感覚の電車と違い、何か生き物の温もりのようなものがある。この当時の電車はボディは金属だが中は木製であること、走行中は吊り掛けモーターの音を響かせ、いかにも一生懸命走っていますという感じが伝わること。非力だけど生き物のように走るSLと同様の感覚といったらいいのか・・・。

そのような旧型国電も、ついに件のクモハ42が3月15日に定期運用から引退し姿を消してしまった。
もう会いたくても会えない・・・。昔のいいものがどんどん姿を消して行く・・・時代の趨勢といってしまえばそれまでなのだが、記憶の片隅にしか残らないというのが寂しい・・・。

そんな訳で、JTB CanBooks「旧型国電50年」という本を買った。貴重な写真満載の本でよくぞここまで旧型国電のデータをまとめたもんだと感心してしまうお勧め本です。

さらに、Nゲージモデルでもリトルジャパンモデルスという新興メーカーからクモハ40系のキットが発売されたので、一も二もなく買ってしまった。これがまた、なんとも言えず緻密なすばらしいできで、旧型国電の在りし日の姿が見事に再現できる。(現在、組み立て中なので出来上がったら写真を公開します。)

こういうもので、僕の幼少の時代を偲んでいる今日この頃です。・・・・ますます歳をとったのかな・・・。



2003.05.30

リトルジャパンモデルス クモハ40(半流)

クモハ40のNゲージモデルを買った。リトルジャパンモデルス製。
こだわりのあるモデルで、在りし日のクモハ40が1/150で見事に再現されている。
40系は、戦前に開発され大量産された20m級旧型国電の代表で、子供のころ何回も見てるし、乗ってもいる。
なつかしさ一杯だね。

キットは、板状のボディを組み上げるのだが、これが見事にがっちり決まる。組み立てには30分もかからない。
修正も殆ど必要ないほど精度が高い。
窓ガラスもはめ込み式だから、ボディとガラスの間にオーバースケールの段差が殆どない。

メーカーもかなり入れ揚げて開発したんだろうね・・・。
足回りはTOMIX製で、ちょっとボディの精密とアンバランスな感じがするが、まあ、仕方がないか・・・。
台車は、オリジナルのDT12に換装してあるから、まあ、よしとしよう。
このメーカー、これからどんな旧型電車を出してくるか楽しみです。

ちなみに、デティールアップのため、専用のインレタ、幌、前面のサボ受け(エッチング製)を奢ってみた。
ものすごく小さなパーツなので、老眼の目にはつらいが、こだわりを持って作ってみようと思っている。

 クモハ40(半流)
メーカー:リトルジャパンモデルス
内容:ボディ2両分、動力ユニット 1両分TOMIX製、DT12台車
価格 9,800円
パッケージ。
素っ気ない箱です。
このような板状のパーツ
を組み上げます。
組み上げて塗装するとこのとおり・・・。
写真では見えないけどボディにはリベットまで再現されています。
すごいモデルです。