1. トップ
  2. Blog メニュー

2003.01.24 SRC (Super Rail Cargo) Mc250 試運転開始

去年の秋ころから、盛んに甲種回送中のところを目撃されていたJR貨物の新型貨物列車・スーパーレイルカーゴ(SRC)がいよいよ試運転に入った。(日経新聞1/24朝刊)
実は僕も去年の10月某日、出張の帰りに近江八幡あたりで回送中のSRCをちらっと目撃している。連れと話をしていたので、ほんとうにちらっとだが。

SRCとはコンテナ貨物電車のこと。
従来、貨物列車というのは、機関車が貨車を引っ張る方式が当たり前だったが、SRCは電車。ちょうど電車の客室を取っ払って、そこにコンテナを搭載するようなスタイルの車輌である。電動車は先頭2輌と後方2輌で、ここにも20ftコンテナを1個ずつ搭載できるようになっている。16両固定編成で、一度に10トントラック28台分のコンテナを運べる。
最高時速130km(従来のスーパーライナー<高速貨物A>は110km)で大阪~東京間を6時間で結ぶ。
鉄道貨物はトラック輸送にシェアを食われつづけ衰退していたが、近年、CO2排出総量規制、地球温暖化防止、省エネルギーの観点から見直され復活が著しい。

SRCはその集大成のような車輌で、これからの活躍を期待したいネ。
今回のSRC、佐川急便専用車で、同社では大阪~東京間の長距離輸送をトラックからSRCに漸次切替えて行くのだそうだ。
実はトラックの高速道路での最高時速が今年の9月から90km/hに規制されるから、(守るドライバーいるかどうか怪しいもんだけど)どんどん別の運送会社もシフトしてくるんじゃないかな?

長距離の貨物輸送は、運送効率、時間の正確性、事故率の低さ、高速性から鉄道が有利なのに、日本の物流はは極端にトラック輸送にシフトしすぎているから、それを見直すいわゆるモーダルシフトの決め手になればいいと個人的には思う。アメリカなんか国内の物流の35%が鉄道(もちろんシェアトップ)だというし。

勝手な意見やけど旅客に続いて貨物も電車化か・・・ELファンとしては、ちと淋しいけどね。
日本の鉄道は、世界でも稀な電車王国で、短距離・長距離問わず電車が主力という国は日本をおいて他にはない位である。貨物列車まで電車化とは来るとこまで来た感じがするね。

この試運転に関して気になる噂がある。JR貨物のSRC運用に対して、某JR旅客会社が法外な路線使用料を提示したそうだ。JR貨物は自前の線路を殆ど持っていない。各旅客鉄道の線路を使用料を払って貸してもらって貨物列車を走らせているのだ。いきおい、旅客列車の多い昼間を避けて夜中に貨物列車を運用することが多くなる。

SRCは、時速130kmで疾走するので、旅客列車の邪魔になることはないと思うのだが、某旅客鉄道はJR貨物に線路を貸してやっているのだ。と、いう態度らしい。そんな確執がJR各社と貨物の間にある。
部外者から見たらなにをかいわんやである。

僕は在来線の貨物列車増発は、必要なことと思う。物流の殆どをトラックにシフトした結果、公害や事故などいろんな問題が起こっている。長距離トラック輸送の何パーセントかでも鉄道輸送にシフトすれば物流事情、環境改善、それに携わる関係者の負担も軽減されると思うのだがどうだろうか。


2003.02.02 またまた蘭展

恒例の大阪天満の松坂屋の蘭展に行ってきた。
今年で27回目という歴史ある蘭展である。展示規模は前回の高島屋蘭展とほぼ同程度だったが、即売の出店数が多いので全体規模は高島屋より大きい。
でも、今回はちょっと低調だったな・・・。
注目すべき展示が少なかった感じ。最近の蘭展、カトレヤの展示が他属を圧倒している。
即売もカトレヤが多い。もっとも、ハデでゴージャスな花が多いから目立つだけかもしれないが・・・。

高島屋蘭展では、あまりみるべきものがなかったと書いたが、それでもペタル(花びら)が30cmもよじれて垂れ下がる、フラグミペディウム・コウダタムとか日本では栽培がとても難しいディサなど、「おっ」とおもう花があったが、今回はそれもなかった。(あくまで僕の好みの範囲やけどね・・・。)
結局、写真を数枚撮っただけで、即売コーナーへ・・・2鉢買った。
リカステとアングレカムの原種。
リカステは、南アメリカ産のクール種で日本の夏の暑さに弱い。過去2回栽培に失敗している・・・懲りない。
アングレカムはアフリカ、マダカスカル産の高温種。日本の冬越しがちと厳しい。
好きな属だし、しかも原種。どっちも花芽が出ていたのでおもわず買ってしまった。
こんな正反対の性質の蘭を一緒の環境で育てようというのだから、ちょっと無謀だったかな・・・。
ものすごく濃いビニカラーのパフィオペディラム
ベラチュラムと何かの交配。
なにか忘れた。
ちょっと印象に残った花です。
リカステです。種名は忘れました。
交配種です。
アングレカムの大鉢
仕立て

ところで、僕の蘭だんだん増えてきた。しかもバラバラの属・・・。以前はパフィオペディラム一辺倒だったのに、今年はバラバラ・・・管理に苦労しそうだ。


今回買った蘭です
アングレカム
Angcm.leonis
つぼみが2つ。
開花が楽しみです。
リカステ
Lyc. leucantha
真中に細く伸びているのが
花芽です。
(おまけ)

これは去年の暮12月29日
にホームセンターで買ったシンビジウム。
買ったとき既に九分咲きだったのに1ヶ月以上経過してもまだこのとおり。
本当にシンビは花命が長いですね。