1. トップ
  2. Blog メニュー

2002.09.12 緑のEF58

久しぶりのEL新製品である。7月の始めのマイクロエース・ED72以来・・・。
模型の世界でもELは元気がない。電車に押されっぱなし・・・。
TOMIXなんかEL新製品は予定も含めて皆無だもんな・・・。

ところで、久しぶりの新製品、といってもEF58 KATO製初期型大窓機である。KATOには同製品は既にあるわけで、マイナーチェンジ版といったところ。魅力は淡緑色のカラーリング(これも、KATOとしては2度目である)。往年の特急つばめ・はと牽引機である。客車も淡緑色で、そのイメージから青大将というニックネームで親しまれていた。小学校に上がる前、実物を東京駅で見たことがある。(歳だね・・・(~_~;))

当時の国鉄車輌はECもELも茶色ばっかりで、その中で湘南電車(緑とオレンジ)、横須賀線の電車(クリームと青)ともども、その美しい色合いが印象に残ったもんだ。
この青大将、KATOスタンダードの好製品。色合いはちょっと渋め。前回製品はかなり明るめの淡緑色だったがこれで正解なのだろう。(僕が印象に残っている色合いは前回製品に近い感じなのだが・・・)
客車にはあまり興味ないのだが、これだけは客車も一揃いほしくなった。


ところで、KATOから待望のEH10がリニューアル発売されるらしい。コレクションには欠かせない超大物である。中古ショップで旧製品を時々見かけるが、1万円から1万5千円位のプレミア価格で手がでなかった。やっと手に入れることができそうだ。楽しみだネ。
それにしても、随分長いスパンだったな。1昨年、EH500が発売された時、ひょっとしたらと思っていたけど期待を裏切られたからなおさらである。


------------------------------------
(今年のEL新製品ラインアップ)
KATO
 EF64 0番台後期型
 EF210 100番台
MicroAce
 EF70
 ED77
たった、これだけ・・・・何度も言うが寂しいラインアップだ。財布は助かるけど・・・。


2002.10.13

吹田機関区 撮影会



JR東海道本線吹田(すいた)~岸部間にJRFの吹田機関区があります。そこで、10/13に機関車撮影会が催されたので行ってきました。
吹田機関区は僕の住まいの最寄駅、東淀川(新大阪より800m東にある。新大阪は有名だけど、この駅は無名・・・でも開業は昭和15年。新大阪よりはるかに古い駅。)の次の駅吹田から東へ徒歩10分ほどのところにあるのですが訪問するのは初めて。

朝10過ぎに行ったのですが、もう、大勢の人がつめかけていました。
展示された機関車は、EF200、EF65、EF66、EF66-100、DD51、それと新鋭EF510。他にEF81が室内を公開していました。また、EF210-100のトップナンバー101号機が体験乗車に使用されていました。

機関区の留置線に横一列に並んだELが1両ずつ、被写体となるため前へしずしずと出てきます。まるで、モデルの撮影会のようでした。結局12時までねばってフィルム2本を消化しました。
なんか、子供のようにウキウキした2時間でしたヨ。
ずらっと並んだ展示車両
EF66の国鉄カラーは今では貴重です
(右から2番目)
反対側からです。

体験乗車に使用されていたEF210-101
約100mを行ったり来たりしてました。
乗車希望者の長蛇の列ができてました。

EF81の後継ぎとなる予定の新鋭
EF510交直流機
はじめてお目通りしました。



2002.11.13 EL新製品近況

今日、マイクロエースから発売されたED77を買ってきた。国鉄/JRのEL全機種をコレクションする(道はまだまだ遠い・・・)目標がある以上買わなければならない。
とはいっても、そんなに食指の動くような機種ではない。どちらかといえば地味なELである。
このところ、各メーカーのEL新製品発売のペースは鈍く、物足らない限りだ。
一人、マイクロエースだけが気を吐いている。KATOやTOMIXに比べると、できの方はまだまだだが、ELファンに夢を与えてくれるだけ有難いね。こんな地味な機種でも模型化してくれる。KATOもTOMIXも少しは見習ってほしいね。特にTOMIX。営業上多数の販売が見込める人気車両を優先する気持ちはわかるけど、あまりにもELファンを冷遇しすぎてないかい?

今年もあと1ヶ月半・・・この間に発売が予定されているのはKATOのEF64 後期型とEF210 100番台だけ・・・どれも新鮮味に乏しい・・・。

来年に期待しよう。
待望のEH10、さらに西武鉄道の大型EL E851が控えている。どれも絶対にほしいアイテムだ。もっとも、のんびり屋のKATOのことだからいつリリースするのかあてにはならないのだが・・・。

実は、食指の動くELをコンスタントにリリースしているメーカーはある。
ワールド工芸・・・。でも、さきのKATO、TOMIX、MicroAceに比べあまりにも高価・・・。世の中うまくいかない・・・。



2002.11.28 徒然抄再開・・・ しばらく、休んでいた徒然抄再開です。
ということで、再開第1回目・・・他人にとってはどーでもいいことですがネ・・・。

11/28、彦根の客先へ。大阪から新快速に乗った。乗車時間は1時間10分。寝不足のアタマにはうたた寝にちょうどいい時間である。ところが京都を過ぎた時点で突然の車内アナウンス。ボクの乗ってる電車が草津とまりとなるとのこと。なんでも彦根の手前で下り電車と車の衝突事故が起こったそうな。それで、東海道線がボクの降りる能登川駅の手前から不通になってしまったのだ。しかたなく草津で降りる(降ろされる)。目的の駅よりはるか手前である。

京都からの同僚と能登川駅で落ち合うことになっていたのだが、この同僚は1本遅い電車。
当然、同僚の電車も草津とまり。
以降の電車は新快速は草津、普通は野洲か安土で折り返しとなった。
安土なら能登川の1つ手前だから、とりあえずそこまで行ってタクシーに乗ることにする。
1時間近く草津で足止めくらって、やがて安土行き電車が来た。この電車、草津についたとたん、米原行きに変わった。どうやら開通したらしい。ラッキー・・・。

でも、結局、とばっちり受けた電車は僕の乗った新快速と同僚の乗った新快速の2本だけ
(あと普通が2本)お互い日頃の行いがうかがえるネ・・・。(汗)
結局、1時間半遅れて客先に。この日はその後も不運が続いた・・・。客先でシステムをテスト中、終了間際でトラブル発生。遅れて着いた上、トラブルで結局作業を終えたのは終電車前・・・。この間飲まず食わず・・・朝からなにも食べてない。
タクシーで駅まで戻り、コンビニで弁当買って電車が来るまでホームのベンチで食事。
ワビしかったネ。寒かったし・・・ホンマ日頃の行いが・・・。

深夜12時前に大阪に戻った・・・。なんとも、「トホホ」な一日だった。
ま、こんな日もあるか。