直流機・省型――国産期

日本のF級ELの形式番号は、10番台が貨物用、50番台が旅客用と体系づけられました。 国産化にあたってもっとも影響を受けたのは、アメリカ製のED53(ED19)、EF51でした。このため EF55、EF58、EH10を除き、全て車体の前後に大きなデッキを持った勇壮なアメリカンスタイルが特徴です。

形式 概  要 完成年
EF10 貨物用標準機 各種タイプあり 1934
EF11 勾配線用貨物機 電力回生ブレーキ 1935
EF12 EF10の出力増加型 1940
EF13 戦時設計・中央キャブ型 のちEF58初期ボディに換装 1944
EF14 (EF54) EF52の改番 1928
EF15 貨物用の標準機決定版 1947
EF16 勾配線用補機 EF15より改造 1951
EF18 EF58 32~34の改番 1951
EF52 幹線旅客用初の国産F級EL 1928
EF53 EF52改設計 日本型ELのスタイルを確立 1932
EF55 流線形ボディ  1936
EF56 旅客専用機 戦前型ELの完成形 1937
EF57 EF56のパワーアップ型 1940
EF58 旧型旅客用電機のスター 半流線形の新型ボディ 1946
EF59 EF53/56改造機 山陽本線「瀬野八」専用補機
EH10 通称マンモス電機 2車体方式 貨物専用機 1954