直流機・輸入--黎明期

日本のELは碓氷峠から始まりました。ドイツから輸入したアプト式の機関車10000型です。 以後、自国での開発能力を持たない日本(国鉄)は鉄道先進国からいろいろな機関車を試験輸入しました。 そして、1926年に国産EL、ED15が誕生しました。・・・

形式 概  要 完成年
EB10 入換え用小型EL 国鉄唯一のB軸配置 1927
EC40(10000) ドイツ・アルゲマイネ社製・アプト式 碓氷峠 1912
ED10(1000) 米・ウエスティングハウス社製 1922
ED11(1010) 米・ジェネラルエレクトリック社製 1923
ED12(1020) スイス・ブラウンボベリー社製 1923
ED13 (1030) 英・イングリッシュエレクトリック社製 1949 ED17 1924
ED14 (1060) 米・ジェネラルエレクトリック社製 1926
ED15 (1070) 初の国産EL 日立製作所製 1926
ED16 国産ELの標準形を確立した中型電機 1931
ED17(ED50・51・52) 英・イングリッシュエレクトリック社製。 1931
ED18 ED17より改造 A1A-A1A軸配置 1953
ED19 (ED53) 米・ウェスティングハウス/ボールドウィン社製。 1925
ED23 (ED56) 英・メトロポリタン・ビッカース社製。1両のみ 1927
ED24 (ED57) ドイツ・シーメンスシュケルト/ボルジッヒ社製 1927
ED40 (10020) アプト式EC40を国産化 「碓氷峠」専用機 1919
ED41 (10040) スイス・ブラウンボベリー社製アプト式 「碓氷峠」 1918
ED42 ED41を国産化 1933
ED54 (7000) スイス・ブラウンボベリー社製 1-D-1の軸配置 1925
EF50 (8000) 英・イングリッシュエレクトリック製 全長21m 1923
EF51 (8010) 米・ウェスティングハウス/ボールドウィン社製。 1925