交流機

日本の鉄道の交流電化は意外なほど最近で、1955年のことです。 交流は直流より電気の搬送ロスが少なく地上設備が簡略化でき効率もいいのですが、誘導障害や車上設備の複雑さ など技術的難関が多く実用化まで時間がかかりました。 55年に仙山線の一部を交流化し、試作電機を投入しテストを繰り返しました。 そして、57年北陸本線、59年東北本線に実用機が投入されました。 このように、交流電化の実用化は歴史が新しく、主に列車本数の少なく非電化路線の多かった地方で採用されました。

形式 概  要 完成年
ED70 初代量産型交流EL・北陸本線 1957
ED71 東北本線用 1959
ED72 北九州用 1961
ED73 鹿児島本線用 ED72改造 1962
ED74 北陸本線用 1962
ED75 交流EL標準機 1963
ED76 ED75発展型 B2B軸配置 1965
ED77 磐越西線用 1967
ED78 奥羽本線・仙石線用 1968
ED79 青函トンネル用 ED75より改造 1989
ED90 (ED44) 初の交流EL・交流テスト機 1957
ED91 (ED45) ED90と同時に試作されたテスト機 1957
ED93 1965
ED94 1967
EF70 北陸本線用 1961
EF71 奥羽本線「福米」(板谷峠)補機 1968
EH800 青函トンネル新幹線化対応20000V/25000V 2電源 2013